葉酸イメージ

そもそも葉酸とは

遺伝子情報を伝える核酸や、赤血球・アミノ酸の合成などの働きを持つビタミンB群の一種。体内で不足すると悪性貧血や口内炎などの症状が出ることがあります。
そして、最も葉酸が必要とされているのが「妊娠中」の方。特に妊娠初期までの時期に葉酸が不足すると、胎児の細胞分裂や増殖がうまく行われず、障害や流産のリスクが高まる可能性があります。
元気な赤ちゃんに出会うために、葉酸の必要性と妊活中・妊娠中にもたらす効果を詳しくご紹介していきましょう。

葉酸が妊活中・妊娠中にもたらす効果

ダウン症のリスク低下

葉酸を摂ることで、ダウン症の原因となる染色体異常の抑制効果が期待できます。卵子だけでなく、精子の染色体異常も抑えてくれる働きがあるとされているので、奥様の妊娠を望まれるご主人も積極的に摂り入れましょう。

詳しく

子宮内膜の環境改善

お腹の中で元気な赤ちゃんが育つためには、子宮の中が赤ちゃんにとって最適な環境であることが重要です。葉酸には、子宮内膜をふかふかにしたり、受精卵を着床しやすくしたり、その受精卵を定着させる働きがあります。

詳しく

神経管閉鎖障害の防止

無脳症や二分脊椎症の原因となる神経管閉鎖障害。こちらも妊娠中の葉酸不足が原因の一つとされています。遺伝的要素もあるので、葉酸の摂取だけで100%防げるわけではありませんが、少なくともリスクを下げることができます。

詳しく

流産防止

子宮内膜を厚くしたり、胎児の障害リスクを下げたりと、子宮内の血流を良くして赤ちゃんの成長を促すことで、流産のリスクはグッと下がります。これらすべてに効果が期待できる葉酸を、妊娠の初期から積極的に摂っていきましょう。

詳しく

つわりの軽減

妊娠中、自律神経が乱れると、つわりが重くなると言われています。葉酸を意識的に摂り入れることで自律神経が整えられ、つわりの軽減も期待できます。つわりが重いと栄養不足になるため、無理なく楽に続けられるサプリがおすすめです。

詳しく

先天性奇形の予防

ある研究結果として、葉酸を妊娠前から飲み続けている人は、そうでない人に比べて先天性奇形のリスクが7~8割も減少するそう。こちらも遺伝的な要素もありますが、それ以外のリスクは葉酸で回避できるようです。

詳しく

妊活中・妊娠中に葉酸を積極的に摂ることで、子宮内膜の環境改善やダウン症・先天性奇形の予防、流産防止の効果が期待できます。現在妊娠中の方も、これから妊活に臨む方も、ぜひ葉酸を積極的に摂り入れて、健康な赤ちゃんを迎えてくださいね。

妊婦イメージ

葉酸は効率よく摂取できるサプリがおすすめ

ブロッコリーや枝豆など、野菜に多く含まれる葉酸。ですが、食事だけで必要量を摂取するのは至難の業。
そこで、おすすめなのが、サプリメントを利用すること。サプリであれば、毎日決まった量を飲むだけで、野菜を食べるよりも効率よく葉酸を摂取できます。そのサプリを選ぶ基準はどんなものか、少しご紹介しましょう。

モノグルタミン酸型葉酸であること

赤ちゃんのために、と無条件で天然の物を選んでいませんか?実は、厚生労働省が母子の健康のために勧めているのは、合成葉酸「モノグルタミン酸型葉酸」なのです。
なぜなら、合成葉酸の方が、天然の物よりも吸収効率が高いから。天然葉酸は、摂取した半分以上が吸収されないのです。また、天然の葉酸には胎児の奇形リスクを下げるデータが無いこともおすすめする理由の一つ。吸収効率が高く、摂取しやすい上に奇形のリスクも下げられる合成葉酸が配合されていることを考えれば、サプリがおすすめというわけです。

1回の摂取で400µg以上の葉酸が摂れること

妊娠中、葉酸は非常に重要な役割を果たしており、万が一、不足すると胎児の奇形や先天性障害のリスクが上昇します。では不足しない摂取量とはどのくらいなのでしょうか。
厚生労働省で定められた推奨摂取量は、1日あたり400μg。胎児の重要な器官が一気に作られる妊娠3ヶ月頃は特に不足しがちなので、いつも以上に意識してサプリメントを摂ることをおすすめします。
ただし、1日に1000μgを超えると過剰摂取になってしまうので、1日に決められた量だけ飲むようにしましょう。

葉酸の吸収を助ける成分が入っていること

妊娠中に葉酸が必要なことを知っていて、葉酸だけを摂取している方もいるでしょう。しかし、どの栄養素もそうですが、体内では他の栄養素と助け合いながら働きます。
葉酸も同じで、「ビタミンB6」「ビタミンB12」「ビタミンC」は葉酸の働きを助けて、活性化させてくれるなど、大きな役割を果たします。
また、吸収力を高めるため、お腹の調子を整える「乳酸菌」も重要。葉酸サプリを買う際は、葉酸の他にこれらの栄養素が配合されているかも確認しましょう。

人気の葉酸サプリ一覧

葉酸サプリは自分なりのこだわりを持って選ぶと失敗が減るでしょう。多くの葉酸サプリが定期購入による割引制度を実施していますが、メーカーによって条件が異なりますので、そこは しっかり確認しておきたいところです。ここでは、おすすめのサプリをご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

 ジュンビー葉酸サプリ

ジュンビー葉酸サプリwebサイトイメージ

引用元:ジュンビー葉酸サプリ公式HP
http://junbie-yousan.jp/

厚生労働省推奨の葉酸に加え、お米由来の乳酸菌を配合した唯一の葉酸サプリ。国産・無添加で安心の全額返金保証あり。

 ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリwebサイトイメージ

引用元:ベルタ葉酸サプリ公式HP
http://belta-shop.jp/user
_data/folate.php

モノグルタミン酸型葉酸に27種類のビタミン・ミネラル、21種類の野菜、6種類といった数多い美容成分を配合。

 ベジママ

ベジママwebサイトイメージ

引用元:ベジママ公式HP
http://vegestory.jp/

ピニトール配合の唯一無二の葉酸サプリ。信頼性が厚く、低価格での提供が可能。期間なしの全額保証あり。

 はぐくみ葉酸

はぐくみ葉酸webサイトイメージ

引用元:はぐくみ葉酸公式HP
http://www.hugkumiplus.
net/yousan/lp/

天然葉酸を500µg配合。ビタミンや鉄分、カルシウムも天然のもので、栄養士によるアフターフォローが人気。

 オーガニックレーベルの葉酸

オーガニックレーベルの葉酸webサイトイメージ

引用元:オーガニックレーベルの葉酸公式HP
https://organic-label.jp/items/yousan

天然原料100%の完全無添加。103種類の原料をバランス良く配合。基準をクリアした安心安全な製品を提供。

 AFC葉酸サプリ

AFC葉酸サプリwebサイトイメージ

引用元:AFC葉酸サプリ公式HP
http://464981.com/yousan/

栄養成分をバランス良く配合している。生産国や生産工場だけでなく、原材料最終加工国まで公開の安心感。

 美的ヌーボ プレミアム

美的ヌーボ プレミアムwebサイトイメージ

引用元:美的ヌーボ プレミアム公式HP
https://bitekitown.
com/lp/nouveau-pre01

プレミアム葉酸、27種類のビタミン・ミネラル、DHA・EPAをなど嬉しい成分を配合した完全無添加のサプリ。

 美タミーナ葉酸サプリ+

美タミーナ葉酸サプリ+webサイトイメージ

引用元:美タミーナ葉酸サプリ+公式HP
http://puresupli.com/

有機JAS認定、そしてGMPとHACCP準拠工場での製造のため、高い安全性を誇る。天然成分31種類を配合。

葉酸サプリには2つのタイプがある

お腹の赤ちゃんにしっかり届ける
ために作られた安全なサプリ

葉酸の種類や配合量にこだわり、ママの体内に摂り入れられた葉酸が充分に働けるよう、サポート成分もしっかりと配合しているタイプ。赤ちゃんへの影響が少ないものにこだわり、無添加や配合成分・製造方法など、おなかの赤ちゃんにも安心・安全なサプリを求める方におすすめです。

ママへの美容効果を
考えたサプリ

妊娠すると体に大きな変化が起こります。出産して落ち着くころには体型が崩れたり、シミが増えたり、肌が荒れたり…。仕方ないことだと思っていても、大きなストレスになりますし、悩む方もいるかと思います。そんな方には、葉酸と一緒に美容成分が配合されたサプリがおすすめです。

いずれのタイプを選ぶにしても、ママ本人への効果はもちろんのこと、お腹の赤ちゃんへの影響も考えた上で、摂り入れるサプリメントを選んでください。
サプリの開発時に現役ママさん・プレママさんの意見を取り入れたものだったり、どんな些細な質問にも答えてくれる専用の窓口があれば、安心できますね。

妊活中・妊娠中に欠かせない
葉酸サプリメント一覧はこちら▶

妊娠中だけでなく、日ごろから
葉酸を摂るメリット

葉酸と言うと、妊娠中だけ飲むものというイメージが一般的。しかし葉酸には脳神経系への作用や、赤血球の形成のサポート、強い抗酸化作用などが期待できるので、妊娠の有無に関わらず、摂り入れることで多くのメリットを得られます。あなたが今抱えている身体の悩みも、実は葉酸不足によるものかもしれません。葉酸を摂り入れるメリットを一部ご紹介します。

葉酸イメージ

うつの緩和

葉酸には神経系の働きを正常化させる作用があるとされており、「うつ」への効果も期待でき、抗うつ剤と併用するケースもあるのだとか。また、うつ病になった人の食生活を調査すると、葉酸摂取量が不足している人が多かったという結果も出ています。

痛風の予防

体内の代謝を正常化させる葉酸は、尿酸が体内に溜まってしまう痛風の予防にも期待できます。葉酸がキサンチンオキシダーゼという尿酸を作り出す酵素の働きを抑制するため、尿酸が体内に蓄積されるリスクが減少し、結果として痛風の予防につながるのです。

高血圧の低下

コレステロールが血管壁に蓄積し、血管が狭まって起こる高血圧の予防にも、葉酸はかかわってきます。血管を若返らせてくれたり、血流を良くする効果があるうえ、強い抗酸化作用を持つため、血管壁にコレステロールが付着しにくくなるので、血圧の上昇を防いでくれます。

ストレスの軽減

「うつの緩和」でも説明したように、葉酸には脳神経系に働きかける作用があります。それによって精神を落ち着かせるため、ストレスの緩和にも効果が期待できます。また、葉酸には女性ホルモンを整える働きもあるため、ホルモンの乱れによるイライラ軽減にも有効です。

動脈硬化の予防

葉酸は動脈硬化の原因のひとつとされる「ホモシステイン」を、メチオニンなどの無害な物質に変換する働きを持っています。葉酸が不足することで悪玉コレステロールが酸化して、血管壁に付着するリスクが高まります。予防のためには葉酸と共にビタミンB6・B12を摂取しましょう。

脳梗塞の防止

脳の血管が動脈硬化となることで起こる脳梗塞。先にご説明した通り、葉酸は動脈硬化の予防に効果的な成分です。定期的に摂取することで血管壁を常に健康な状態に保ち、悪玉コレステロールが酸化・付着しにくい、しなやかな血管になります。

肩こりの改善

末端神経がダメージを受けることで起こる肩こり。これを改善するには、末端神経の修復が必要です。細胞の生成を助ける働きがある葉酸を、活性型ビタミンB12が利用するため、葉酸が不足すると細胞の修復が行われなくなります。同様に、腰痛改善効果も葉酸には期待できます。

貧血・鉄欠乏症の改善

貧血解消=鉄分、と思っていませんか?鉄分を摂取しても貧血が回復しない場合、赤血球が肥大化し、体内の酸素を運べなくなる悪性貧血の可能性があります。悪性貧血の要因は葉酸不足。ですので、貧血の改善を望むのであれば、鉄分だけでなく葉酸も積極的に摂り入れましょう。

ベビ向け ママ向け 妊活中・妊娠中におすすめの人気葉酸サプリメント特集