赤ちゃんのための葉酸サプリ特集 » 妊娠中だけじゃない!日頃から摂りたい葉酸の効果まとめ

妊娠中だけじゃない!日頃から摂りたい葉酸の効果まとめ

妊娠中以外にも、日頃から葉酸を摂ることで実感できる8つの効果を、くわしく解説しています。

海外では常識!知っておきたい葉酸の8つの効果

葉酸の認知度は日本ではまだまだ低いですが、葉酸は妊娠中で得られる効果に加えて、更に8つのさまざまな働きを持っています。海外では、すでに葉酸の効果は認知されていて、アメリカではパンやパスタなどの穀物類に、葉酸の添加が義務づけられているほどです。

ここでは、健康維持のために知っておきたい葉酸の8つの効果をまとめました。ぜひこちらもチェックしてみて下さい。

うつの緩和

日本の国民病と言われるほど患者が多く、現在は100万人以上の方が悩んでいるのがうつ病。葉酸には、うつ症状を改善するためのセロトニンを生成する働きがあって、病院での実際の治療にも使われています。

高血圧の改善

高齢になると、ほとんどの方が悩まされる高血圧。高血圧の方はコレステロール値も高いことが多いですが、葉酸はこれら2つの症状に効果的。血流を促進して血圧を低下させたり、コレステロールを下げたりする働きも持っています。

動脈硬化の予防

動脈硬化は、放っておけば脳卒中や心臓病にもつながることのある重度の病気です。日頃から造血作用のある葉酸を摂っておくことで、血液の詰まりが解消されて、動脈硬化の予防に大きな効果があります。

肩こりの改善

あまり知られていませんが、実は葉酸は肩こりを軽減させる作用も持っています。主に葉酸の摂取で効果があるのは、ジーンとした痛みの末しょう神経の異常で起こる肩こり。血行促進の作用もあるので、全身のコリ予防にも最適です。

痛風の予防

男性に多い痛風は、激しい痛みを伴うことでも知られる関節炎の一種。葉酸には、痛風の原因にもなっている尿酸の生成を抑える働きがあり、食品から摂取すれば、尿酸排出のダブルの効果で痛風をしっかり予防してくれます。

ストレスの軽減

誰もが何かしらのストレスを抱えているものですが、放っておけばストレスは万病の元になるといいます。ストレスを緩和するのに最適な物質が、セロトニン。葉酸は、セロトニンの生成を助ける働きも持っています。

脳梗塞の予防

日本人の死因にも非常に多い脳梗塞は、脳の血管が詰まることで起こる血管の病気です。葉酸を摂取することで、動脈硬化・高血圧・高コレステロールの予防に効果があり、結果的に脳梗塞の予防にもつながります。

貧血・鉄欠乏症の改善

栄養不足やストレス、妊娠中にも起こしやすいのが貧血。貧血を解消する栄養素は鉄分が代表的ですが、血を作るためには葉酸の働きも必要不可欠です。とくに女性は、日頃からこの2つをバランス良く摂っておくのがおすすめ。

ベビ向け ママ向け 妊活中・妊娠中におすすめの人気葉酸サプリメント特集