赤ちゃんのための葉酸サプリ特集 » 妊娠中だけじゃない!日頃から摂りたい葉酸の効果まとめ » 貧血・鉄欠乏症の改善

貧血・鉄欠乏症の改善

鉄欠乏症の症状や原因、葉酸が持つ貧血予防効果などを紹介しています。

貧血・鉄欠乏症とはどんな症状?

貧血とは、赤血球の中にあるヘモグロビンが不足して、酸素の運搬がうまくいかなくなって起こる症状。酸素を体中に送ろうとして、心臓や肺が必要以上に動くことで、立ちくらみ・めまい・動悸・息切れ・倦怠感などの症状が現れます。

貧血の原因には、鉄分や葉酸などの栄養不足、妊娠や授乳による影響・体質・ストレスなどがあり、ひどくなると日常生活に影響を及ぼすことも…。症状が慢性化して、悪性貧血を引き起こすこともあります。

妊娠中期~後期の貧血に注意

妊娠する前には貧血症というわけではなかったのに、妊娠後に貧血を起こす方々がいます。これは、妊娠すると母体と赤ちゃん、両方の血液を作らなければならず、鉄分が不足して「鉄欠乏性貧血」に陥りやすくなるためです。

妊婦が鉄欠乏性貧血を引き起こす原因の1つは悪阻(つわり)です。悪阻が酷いと食事もままならず、十分な栄養素を摂ることができずに鉄分不足に陥ってしまうことがあります。また、もともと好き嫌いが激しくて偏食であることや、妊娠中の嗜好の変化によって食事が偏ってしまった場合にも鉄分不足のリスクが高まります。

妊娠している間は、お腹の中で昼夜問わずに赤ちゃんの体や臓器が形成され、成長を続けています。悪阻や偏食は決して甘く見ず、食生活を改善したり、積極的に鉄分を補うことで貧血を防ぎましょう。それでも食事が摂れないような状態や貧血が続くようであれば、すみやかに医師に相談することをおすすめします。

妊娠している方の中には、悪阻は軽いのに貧血が起きやすいというケースも見られます。妊娠すると子宮が広がり母体も大きくなることから、体を巡る血液の量が増加します。このときの血液というのがかなりの量で、一般的に約1.5倍ほど血液量が増えると言われています。しかし、妊娠中に1.5倍もの血液が増えたとしても、実はその血液量に比例して赤血球の量が同じように増えるというわけではありません。全体の血液量からすると、増加する赤血球はわずかな比率しか増えないのです。
そのため、妊娠中の女性の血液は薄まったような状態に……。しかも妊婦はそんな状態から、鉄分をはじめとした栄養素を自分の分だけでなく赤ちゃんの分まで送ってあげなくてはならないのです。こうしたことから、妊婦はそもそも貧血になりやすい状態にあると言えます。

さらに、赤血球を作る材料となる葉酸は、同時に赤ちゃんの脳や脊髄の成長のために必要なものです。そのため、体内で葉酸が不足すると妊婦の赤血球濃度も低下すると言われています。赤血球濃度が低下してしまうと、赤血球の中に存在するヘモグロビンが酸素の運搬を行えなくなります。このような酸欠の状態に陥った場合には、「悪性貧血」と呼ばれる症状が現れます。

貧血は妊娠初期よりも、むしろ中期から後期にかけて多く見られます。貧血が起こった場合、貧血症状だけでなく、転倒などの第二のトラブルにつながるケースが少なくありません。妊娠している方はこの時期には特に貧血に注意が必要です。

妊娠中に見られる貧血の症状は?

何度か出産を経験し、そのときの悪阻が酷かった人は特に「前回の妊娠よりも楽」と貧血をあまり気せず、自覚症状を持たない方もいるようです。 どのような症状が続けば貧血の疑いがあるのか、具体例を紹介いたします。

だるさや疲れなどの倦怠感

ヘモグロビン不足のために体中に酸素を送り届けられなくなると、細胞が酸欠状態に陥ってだるさや疲れなどを感じやすくなります。

めまい

ヘモグロビンの量が低下すると現われる貧血の典型的な症状です。

動悸、息切れ

鉄分不足によってヘモグロビンの量が低下すると体内が常に酸欠状態になってしまいます。この酸欠状態を解消するために心臓や肺が体中に酸素を送ろうと活発になるため、その負荷によって動悸や息切れが起こります。

爪の湾曲

血液中の鉄分が不足すると、爪など体の末端へ酸素が行き渡りにくくなります。その結果、爪がもろくなり、湾曲するようになります。

氷食症

氷を食べたくなる「氷食症」は鉄分不足によって起こることが確認されていますが、そのメカニズムは未だはっきりとはわかっていません。一説では、貧血症状によって脳に十分な酸素が送られなくなり、自律神経が上手く働かなくなって体温調節ができなるためだと言われています。

産後の貧血やめまいも要注意

妊娠出産、さらに産後にかけては女性の体が変化するときです。出産を終えた体が出産前の体に戻ろうとする期間を「産褥期」(さんじょくき)と呼びますが、この時期には貧血やめまいといった体の不調がよく見られます。

その原因として考えられるのが、分娩の際の大量や赤ちゃんへの授乳です。
母乳は血液を主成分として作られているため、授乳をしている時期には毎日血液を失うこととなり、鉄分不足による貧血やめまいが起こりやすくなるのです。また、子育て中は授乳やおむつ交換、夜泣きのために深夜に何回も起きたりして、睡眠不足に陥りがち。 こうした睡眠不足の状態が続いてしまうと疲労からめまいを起こすことも多々あります。さらに、そうした子育てのストレスもめまいに関わっています。 もし出産後に貧血やめまいに襲われたら、無理をせず適度に休みを取るようにしましょう。疲労や睡眠不足から貧血やめまいを起こすのを防ぐためにも、しっかりと体を休めることが大切になります。できるだけ家事を簡単に済ませられるように工夫し、赤ちゃんが眠っているときにはなるべく自分も一緒に寝て休みましょう。赤ちゃんが寝ている間に家事をしてしまおうとするママもいますが、育児は完璧主義にならないようにうまくコントロールすることも重要です。

家事をがんばりすぎてしまうと、体は疲れを感じなくても、今度はストレスに敏感になってしまいます。ストレスも貧血やめまいの原因になることから、育児中にイライラを感じるようであれば、体のことも考えて両親はじめ家族からサポートをしてもらいましょう。 自宅の周辺に一時保育のサービスがあれば利用してみるのもありです。はじめは赤ちゃんを預けて自分がリフレッシュすることに引け目を感じるママもいるかもしれませんが、ママにだって休息は必要です。 心と体の健康のためにも、せめて週に1度、数時間だけでも赤ちゃんを一時保育などに預けて自分の時間を作るようにしましょう。

食事の改善も貧血やめまいの解消に効果的です。そもそも人間が体内で十分な血液を生成するためには、鉄分だけでなく葉酸やタンパク質、マンガンやビタミンB12などを必要としています。 野菜や穀物、肉類、魚類とさまざまな食材を料理に取り入れることで、バランスの良い食事になります。 ただ、現代の日本人の食生活ではまんべんなく栄養素を摂取することが難しい場合もあります。 そんなときにはサプリメントを活用するのも1つの手段ですので、上手に栄養素を摂るようにしましょう。

貧血・鉄欠乏症改善に葉酸がいいの?

貧血・鉄欠乏症改善に対する葉酸の主な効能としては、以下が挙げられます。

貧血を改善するには、鉄分摂取が有効なことはよく知られていますが、血を作るうえでは葉酸も大きな働きをしています。赤血球を作る材料が鉄分なのに対して、葉酸は赤血球を作る働きをサポートする成分。

どちらが欠けても貧血を起こしやすく、鉄分を摂っても貧血が改善しない方は、葉酸不足のケースが多くあります。健康な血液が作られれば、全身に酸素が行きわたるようになり、悪性貧血特有のだるさなどの倦怠感も解消できるので、鉄分と共に葉酸を摂取することがおすすめです。

葉酸と一緒に摂っておきたい成分

鉄分

ヘモグロビンの生成に必要不可欠なミネラル分。レバー・赤身肉や、しじみなどの貝類、海藻、ほうれん草などにも多く含まれます。葉酸と一緒に摂れば、貧血改善効果がぐんとアップします。

ビタミンC

鉄分の吸収率を高める働きを持っています。鉄分の多い大豆やひじき、ビタミンCを含むほうれん草や小松菜を一緒に調理するのが効果的。

葉酸で貧血が緩和された事例

葉酸で貧血が緩和されたという特別なデータは見当たりませんでしたが、鉄分欠乏症と似た症状に、葉酸不足によっておきる葉酸欠乏症があります。葉酸欠乏症になると、最初に現れるのが、立ちくらみ・めまい・息切れ・頭痛などの悪性貧血の症状。これらの症状は、葉酸を充分に摂ることで解消されます。

ベビ向け ママ向け 妊活中・妊娠中におすすめの人気葉酸サプリメント特集