赤ちゃんのための葉酸サプリ特集 » 妊娠中だけじゃない!日頃から摂りたい葉酸の効果まとめ » ストレスの軽減

ストレスの軽減

葉酸による自律神経への作用や、ストレスの軽減効果について解説しています。

ストレスとはどんな症状?

仕事や育児、人付き合い…何をするにおいても引き離せないのがストレスです。多くの方が感じるストレスの正体とは、自律神経のバランスの乱れによるもの。

自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があり、交感神経が優位になることで、リラックス成分「セロトニン」が分泌されずに、ストレスを感じやすくなります。つまり、ストレスを緩和するには、セロトニンの分泌を促すような生活を心がければ良いのです。

ストレス改善に葉酸がいいの?

ストレス改善に対する葉酸の主な効能としては、以下が挙げられます。

葉酸は、セロトニンをはじめとする神経伝達物質の合成に欠かせない成分で、日頃から摂取しておくことで、セロトニンが正常に分泌されて、ストレスや不安感を緩和してくれます。

その効果は、うつ病の治療にも使われるほど。抗うつ剤と一緒に葉酸を摂取することで、通常時の30%も効果が増したという研究データもあります。女性は、産後や生理前などのストレスを感じやすい時期に、葉酸サプリを摂取するのがおすすめです。

葉酸と一緒に摂っておきたい成分

ビタミンC

ストレス緩和に効果的な成分として有名です。納豆や牛乳から摂れるトリプトファンを、セロトニンに変化させやすくする働きを持っていて、葉酸と摂ることで吸収率もアップします。

パントテン酸

レバーや納豆に多く含まれる成分。脳内のセロトニン分泌を促して、ストレスを緩和してくれます。

カルシウム

イライラを抑える成分と言えばカルシウム。骨内を充分なカルシウムで満たすことで、体のあらゆる不調が整って、メンタルも安定させてくれます。

葉酸でストレスが緩和された事例

ストレスが原因で起こる代表的な病気と言えばうつ病ですが、2007年に東京大医学部で行われた研究では、葉酸がうつ病の予防・改善に効果があることが実証されています。

東京大医学部の研究で、うつ病患者の食生活調査で8割の人が葉酸不足だったことが、明らかになりました。葉酸を摂取することで、抗うつ剤の効果が上がったことも分かっています。その理由は、葉酸がストレスの抑制に効果的なセロトニンの分泌を、促しているためと言われています。

ベビ向け ママ向け 妊活中・妊娠中におすすめの人気葉酸サプリメント特集