赤ちゃんのための葉酸サプリ特集 » 妊娠中だけじゃない!日頃から摂りたい葉酸の効果まとめ » うつの緩和

うつの緩和

うつ症状の特徴や、葉酸を摂ることでの効果、改善事例などお伝えしています。

うつとはどんな症状?

うつとは、ストレスや不安など様々な要因によって、抑うつ状態が続く心の症状のこと。日本では、年々うつ病患者の数が増えていて、10年前と比べると2倍以上の100万人以上に膨れ上がっています。

うつの主な症状には、憂うつ・イライラ・緊張・意欲の低下・不眠・頭痛などがあります。悪化すると自殺願望を抱いたり、ほかの病気につながることもあるので、放っておかないことが大切。産後や生理前の不安感なども、うつ症状のひとつです。

うつの改善に葉酸がいいの?

うつの症状に対する葉酸の主な効能として、以下が挙げられます。

うつ特有の不安やイライラを抑えるのに、必要不可欠な物質がセロトニンです。葉酸は、セロトニンをはじめとする神経伝達物質の合成に欠かせない成分。日頃からしっかり摂取しておくことで、リラックスした状態でメンタルを安定させる効果があります。

うつ病治療では、葉酸サプリと抗うつ剤を一緒に使用したところ、抗うつ剤だけの投与より30%増しの、90%に効果が上がったという報告も。産後うつ、PMSなどの予防にも効果が期待できます。

葉酸と一緒に摂っておきたい成分

ビタミンB6

ビール酵母や豆類に多く含まれる神経伝達の生成に関わる成分で、イライラや怒りっぽくなる症状、PMSなどのうつ症状を和らげてくれます。動脈硬化や認知症の予防治療では、葉酸とセットで一緒に摂られている成分です。

ビタミンB12

不足すると、疲労・動悸・ふらつき・食欲低下などを引き起こす栄養素。欠乏状態が続くと、記憶障害や認知症につながることもあります。ビタミン12はほぼ動物性食品に含まれていて、ベジタリアンは不足しやすいので注意しましょう。

葉酸でうつが緩和された事例

2007年に、東京大医学部で行われた研究では、葉酸がうつ病の予防・改善に効果があることが実証されています。こちらの研究では、うつ病患者の食生活を調査したところ、8割の人が葉酸不足だったとのこと。調査結果を元に葉酸を摂取することで、抗うつ剤の効果が上がったことが報告されています。

葉酸は、セロトニンなどの神経伝達物質の合成に欠かせない物質であることからも、信ぴょう性は高いと認められています。

ベビ向け ママ向け 妊活中・妊娠中におすすめの人気葉酸サプリメント特集