赤ちゃんのための葉酸サプリ特集 » メカニズムで知る!葉酸サプリの賢い選び方

メカニズムで知る!葉酸サプリの賢い選び方

一般的に葉酸は2種類存在しています。

1つが合成葉酸の「モノグルタミン酸型葉酸」で、もう1つが天然葉酸の「ポリグルタミン酸型」です。
モノが「単体」を、ポリが「複数」という意味に使われるように、葉酸も単体のものがモノグルタミン酸型葉酸、複数で結合しているものがポリグルタミン酸型葉酸と分別されています。 しかし、この2つの葉酸、全く無関係かと言うとそうではなく、実は深い関わりがあります。

ポリグルタミン酸型の葉酸は野菜などの食品に含まれており、体内に吸収されると酵素で分解されてモノグルタミン酸型の葉酸に変化します。 葉酸サプリに多く用いられているのが、この体内に吸収されやすい形になったモノグルタミン酸型の葉酸です。
さらに吸収率に優れた天然型酵母葉酸なども、このモノグルタミン酸型に分類されます。 天然型酵母葉酸は天然の酵母で合成葉酸を包み込むように配合されているため、分解に必要な酵母と葉酸を効率良く摂取できます。

葉酸サプリの選び方は?種類や役割について

モノグルタミン酸型葉酸

天然葉酸などのポリグルタミン酸型の葉酸は、体内に吸収されるときに酵素で分解され、このときモノグルタミン酸型の葉酸へと変化します。
モノグルタミン酸型の葉酸は合成葉酸という呼ばれ方もしますが、サプリメントなどに用いられているモノグルタミン酸型の葉酸は、体内で酵素によって分解されたあとの葉酸と同じものなのです。では、なぜポリグルタミン酸型の葉酸ではなくて、モノグルタミン酸型の葉酸がサプリメントに多く用いられているかというと、そこには圧倒的な体内吸収率の違いがあるためです。壊れやすく吸収されにくいポリグルタミン酸型の葉酸と比べると、モノグルタミン酸型の葉酸は体内吸収率85%とも言われています。摂り入れた栄養素の大半が体内に効率良く吸収されます。

ポリグルタミン酸型葉酸

ポリグルタミン酸型の葉酸というと、まず天然葉酸が挙げられます。
正式には「プテロイルポリグルタミン酸型葉酸」とも呼ばれ、この天然葉酸とはその名の通り、天然の緑黄色野菜などに含有されている栄養素です。そのため天然葉酸を得たいときには、サプリメント以外にも毎日の食事に葉酸を含む野菜などを加えることで体内へと摂り入れることができます。 ただし、例えばポリグルタミン酸型を400μg摂取しても、それがそのまま体内に吸収されるわけではありません。 半分は分解されてしまうため、200μgしか残らないのです。 しかも葉酸は栄養素の中でも壊れやすいほうなので、食事から摂取しようとした場合、調理の過程で全体の半分は失われてしまうと言われています。

酵母葉酸

酵母葉酸(葉酸含有酵母)とはモノグルタミン酸葉酸(合成葉酸)を酵母に取り込ませた上で培養したものです。
葉酸を合成する際には、その栄養素が本来持つ機能を損なわせてしまう「異性体」が発生することがあるのですが、酵母葉酸にはこの異性体が存在しません。培養する過程で酵母が栄養素を自ら選り分けて取り込むため、異性体が除かれるからです。また、酵母葉酸は体内での活性時間が長くなるなど、通常の合成葉酸よりも品質に優れ、吸収率が良くなるという特徴を持っています。ただし、酵母葉酸は合成葉酸よりもコストがかかるのがネック。 豊富な葉酸を配合するためには酵母の量を増やす必要があり、酵母を培養するという手間もかかるからです。

合成と天然、どちらを選ぶべき?

野菜に含まれていることの多い葉酸ですが、欧米化した現代の日本人の食生活では、食品から十分な量摂るのが難しくなっています。

そこでサプリメントを有効活用するよう、特に妊婦や妊娠の可能性のある女性に対しては、厚生労働省も健康食品として合成葉酸サプリを推奨しています。なぜ天然葉酸ではなくて合成葉酸かというと、葉酸が妊婦に有効だという科学的な根拠が、合成葉酸に用いられているモノグルタミン酸型葉酸で実証されたためです。
また、合成葉酸が推奨される理由は、食品をそのまま食べたり天然葉酸を摂取した場合と比較して、格段に吸収率が良い点も挙げられます。
天然葉酸から摂取した場合には、体内で分解された際に葉酸が減り、実際に吸収された量が必要量に届かないことも考えられるのです。
食品から摂取しようとした場合には、さらに実際に摂取した葉酸の量が減ってしまうことがあります。

葉酸はDNAやタンパク質の生産をサポートする働きがあり、代謝や成長に欠かせない栄養素の1つに数えられています。赤血球の生成にも関わっていることから「造血ビタミン」との呼び名もあるほどです。

貧血予防に期待でき、造血作用のある葉酸は、特に血液を大量に必要とする妊婦におすすめしたい栄養素です。 厚生労働省は、2000年には妊娠の可能性がある女性に対し葉酸の摂取を通達しています。厚生労働省が示した妊婦の1日の葉酸摂取量は、2010年の「日本人の食事摂取基準」にると、成人で1日の葉酸摂取推奨量が0.24mg、妊婦は0.44mg(授乳0.34mg)となっています。 しかし、この量の葉酸をサプリではなくて食品から摂取しようとするとなかなか毎日の食事では補いきれません。

葉酸を豊富に含んでいるというほうれん草でも、茹でると100g中0.11mgにまで葉酸の量は低下します。 ほうれん草が1株25~50gですから、妊婦が0.44mgの葉酸を得るためには8株以上もほうれん草のおひたしなどを食べなくてはいけないのです。

モノグルタミン酸型葉酸(合成)のメリット・デメリット

合成葉酸のメリット

合成葉酸のデメリット

ポリグルタミン酸型葉酸(天然)のメリット・デメリット

天然葉酸のメリット

天然葉酸のデメリット

安全性を見極めるには?

とにかく安全なサプリを選ぶには、天然葉酸か合成葉酸かにこだわるよりはむしろ食品添加物に目を向けましょう。
サプリメントを製造する際に、錠剤を固めるなどの目的で、食品添加物が使われていることがあります。葉酸サプリを選ぶときには、水増しなどの目的で無駄なな添加物が入っていないか、成分などをチェックしてみるのがおすすめです。
もちろん、全ての食品添加物が体に悪影響を与えるとは限りませんが、その添加物が安全性の高いものかどうかはせめて知っておきましょう。添加物を摂りすぎると健康被害が出ることも考えられます。具体的な例では香料や着色料などの添加物はアレルギーなどのリスクを高める危険性があると言われています。 成分表をしっかりとチェックしてくださいね。

口コミを見る

良い葉酸サプリの選び方に大切なのが、実際に飲んでみた方からの口コミです。葉酸サプリ愛用者の方からの口コミをいくつかご紹介します。

葉酸サプリの相場観は

葉酸サプリはある程度の期間飲み続けるものですから、選び方には費用のことも大切です。無理なく続けるためには、無理のない金額で抑えなければいけませんが、葉酸サプリの相場はどの様になっているのでしょうか。

人気の高い葉酸サプリ10個の商品金額を調べてみたところ、平均金額と相場は次の様になりました。

その他にも、もっと安価で手軽に購入できるサプリはありますが、安価なものは成分の安全性がはっきりしていなかったり、葉酸の量が少なかったりすることもあるので、やはりある程度平均金額に近いサプリの方がおすすめです。

葉酸サプリは初回お試し価格や定期購入価格が適用されるものもあり、こういった割引システムを利用すると良いでしょう。割引が適用されるのであれば気軽にチャレンジできますし、他のサプリと比較してみることもできますね。

ベビ向け ママ向け 妊活中・妊娠中におすすめの人気葉酸サプリメント特集