赤ちゃんのための葉酸サプリ特集 » 葉酸とは一体どんなもの? » 妊娠中の葉酸の恩恵とは? » 先天性奇形の予防

先天性奇形の予防

葉酸が赤ちゃんの奇形に効果がある理由や、予防できる先天性疾患をまとめて紹介しています。

先天性奇形の予防には葉酸の摂取が効果的

ダウン症や無脳症以外にも、奇しくも赤ちゃんは体のさまざまな部位を損傷して生まれてきてしまうことがあります。日本では100人中4人の子供が、先天性奇形を持っている現状があり、決して他人事とは言えないのが現状です。

先天性奇形を防ぐには、奇形が生じる妊娠中に、赤ちゃんにとって最適な環境づくりを行うことが何より大切。ママは体調管理に気を遣ったり、赤ちゃんの成長を妨げるようなものは、極力避けましょう。

胎児の成長を、あらゆる面からサポートする葉酸を摂ることで、奇形予防にも大きな効果を発揮してくれます。

そもそも先天性奇形の原因って?

先天性奇形には、ダウン症・ファロー四徴症・口蓋裂・唇裂・無脳児などのさまざまな症状があります。

さまざまなことが原因として挙げられますが、中でも最も多いとされるのが、妊娠初期に起こる胎児の遺伝子(DNA)異常。胎児の体がまだ形になる前のことで、脳や脊髄を形成する際にDNAに異常が起きることで奇形が生じます。先天性奇形の全体の2~3割が、このタイプに該当するようです。

妊娠中は、女性はかかっている病気・服用する薬・食生活などにも、充分に注意する必要があります。

先天性奇形における葉酸の予防効果

胎児のDNAや臓器を正しく成長させる

赤ちゃんの体は、受精卵が細胞分裂を繰り返して、正しいDNAが作られることで形づくられていきます。この成長に欠かせない働きを持っているのが葉酸です。

葉酸は、卵子の細胞分裂を促進したり、胎児の正確なDNAをつくる際にも使われています。赤ちゃんの成長を正しく導くことで、さまざまな奇形を防いでくれるママの強い味方です。

卵子の老化を食い止める

先天性奇形の中でも、高齢出産によって起こりやすいのがダウン症。とくに45歳以上になると、卵子そのものに染色体異常が起こりやすく、生まれてくる子供がダウン症になる可能性もあります。

葉酸には卵子の老化を防ぐ効果もあるので、30歳を過ぎたあたりから、出産希望のある方は、葉酸サプリを飲んでおくことをおすすめします。

妊娠前から葉酸を摂取することが奇形のリスクを減少させる

先天性奇形が起こる原因はいくつかあります。すでにいろいろな国で研究が進んでおり、葉酸を妊娠前から摂取することで、そのリスクを減らせることがわかってきています。

実際に、妊娠前から葉酸を摂取していた女性と摂取していなかった女性を比べた結果、葉酸を摂取していた女性に発症する先天性奇形児の頻度が減少したことが報告されています。

そのため、世界各国の政府は、妊娠4週前から妊娠12週までの期間は、1日400μg以上の葉酸を摂取することを勧告しています。

日本でも、2000年に厚生労働省が葉酸の摂取によって先天性奇形のリスクを低減できることを発表しています。

そして、妊娠を計画している女性や妊娠の可能性のある女性には、通常の食事に加えて1日400μg以上の葉酸の摂取が推奨されています。

リスクを下げるためには、妊娠が発覚してから葉酸の摂取量を増やすのではなく、妊活中、もしくは妊娠する可能性のある時期から積極的に葉酸を摂取することが重要です。

参照:『神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について』 厚生労働省
http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1212/h1228-1_18.html

必要な葉酸を摂取するにはサプリの利用が望ましい

妊活中に必要な葉酸摂取量は、「通常の食事に加えて1日400μg以上の葉酸」ということです。ふだんの食事だけでは必要な葉酸量を摂ることは難しいことがわかります。

そもそも、この摂取量は食事からではなく、サプリなどの栄養補助食品に配合されている合成葉酸の「モノグルタミン酸」で効率よく摂取することが想定されています。

なるべく自然のものから取り入れたいという人も多いかと思いますが、葉酸サプリは妊娠中でも飲める安全性の高いものばかりですので、安心して利用してください。

妊婦さんの葉酸摂取量は推奨されている量に達しにくい

同じアジア人である中国で行われた臨床検査の結果では、1日400μg以上の葉酸サプリの摂取により、 神経管閉鎖障害児などの先天性奇形の発生リスクが41~79%減少したという報告もあります。

日本では、一般女性の葉酸必要摂取量を満たしている人は多いですが、妊婦さんに必要な摂取量を満たしている人はとても少ないのが現状です。

過剰摂取にならないように、サプリの摂取目安量を守りましょう。妊娠を考えている人はすぐにでもサプリで葉酸の摂取量を増やすことをおすすめします。

葉酸サプリの比較はこちら

ベビ向け ママ向け 妊活中・妊娠中におすすめの人気葉酸サプリメント特集