赤ちゃんのための葉酸サプリ特集 » 葉酸とは一体どんなもの? » 葉酸をサプリで摂る理由

葉酸をサプリで摂る理由

赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを減らして、元気な赤ちゃんを出産、育てるために大切な葉酸は、サプリでの摂取が効率的です。

2000年に厚生労働省が全国の産婦人科医や自治体などに通知した『神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について』でも、葉酸をサプリで摂ることを推奨しているほど、葉酸サプリは健やかな子どもの出産・育児に大切な役割を果たしています。

葉酸をサプリで摂るメリット

葉酸が子どもの神経管閉鎖障害の発症リスクを低下させることは、周知の事実ですが、普段の食生活で食事から葉酸を必要なだけ摂取することは簡単なことではありません。

葉酸が豊富に含まれている食品としては、緑黄色野菜や果物などがありますが、ビタミンB群の水溶性ビタミンなため、体内に蓄積されにくい栄養です。そのため、毎日きちんと葉酸を摂取することが大切ですが、つわりで食欲が低下してしまったプレママにとっては、なかなか難しいことも。

具体的に、妊娠を計画している方、妊娠中に必要とされる葉酸の推奨摂取量は次の通り。

推奨される葉酸の摂取量

妊娠を計画している女性の推奨葉酸摂取量:1日400μg

=野菜にして350g程度

葉酸をサプリで摂るのがオススメな理由

野菜350gと聞くと、意外と簡単なように思えるかもしれませんが、葉酸は水溶性のため、茹でて食べる場合には、茹で汁に栄養素が流れ出てしまっているケースも考えられます。また、熱に弱いため、50パーセント近くが調理中に分解してしまうと言われています。

これらの理由から、実際に葉酸が神経管閉鎖障害の発症リスクを低下させることを示した海外の疫学研究では、諸外国では葉酸摂取をサプリメントなどの栄養補助食品を利用して摂取することが多く、日本の厚生労働省もサプリでの摂取を推奨しているのです。

葉酸をサプリで摂取する際の注意点

葉酸をサプリなどから摂取する際に注意すべきこととして、厚生労働省では「摂取時期」「摂取量」「摂取方法」「他の薬物服用による影響」などを『神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について』で記載しています。

摂取時期

先天異常である神経管閉鎖障害のリスクを下げるために大切な葉酸ですが、いつから摂取すればいいかは、気になるところですよね。

中枢神経系の先天異常は、妊娠7週未満で発生していることが多いことから、妊娠がわかってからでは少し遅いことも。できれば、妊娠する1か月以上前から妊娠3か月までの期間、葉酸を積極的に摂取した方がいいと言われています。

摂取量

成人が必要とする1日に必要な葉酸の摂取量は、約240μgです。厚生労働省では普段の食事で摂取できる葉酸に加えて、サプリメントで400μgをさらに摂取することが望ましいとしています。

最近の米国等の報告では神経管閉鎖障害の発症リスク低減に関しては、食事からの摂取に加え0.4mgの栄養補助食品からの葉酸摂取が勧告されている(文献3)等の理由から、我が国において、当面、通常の葉酸摂取量に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日0.4mgの葉酸を摂取することとすれば、神経管閉鎖障害の発症リスクは集団としてみた場合そのリスクが低減されることが期待されるものである

出典:『神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について』厚生労働省 報道発表資料 2000
https://www.jstage.jst.go.jp/article/manms/5/2/5_2_125/_pdf

ただし、葉酸は摂りすぎることでビタミンB12欠乏症かどうかの診断が難しくなる可能性があります。そのため、摂れば摂るほどいいというわけではなく1日あたり1mg(1,000μg)の摂取量を超えるべきではない、ともされていますので、注意しましょう。

摂取方法

葉酸と一言で言っても、食材などに含まれている葉酸(食事性葉酸)と、加工食品などに添加されている葉酸(モノグルタミン酸型の葉酸)の2つのタイプがあります。

この2つの違いは、体内での利用効率。食材などに含まれている葉酸(食事性葉酸)は利用効率が50パーセント程度と言われているため、妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの間は、サプリメントなどからモノグルタミン酸型の葉酸を摂取することが望まれているのです。

食事でしっかり摂れている、と過信せずに、妊娠3ヶ月までの間は上手にサプリメントを利用しましょう。

他の薬物との併用について

また、もう一つ注意しておきたいのが、抗てんかん剤などの薬を長期間服用しているケースです。こうした薬の中には、葉酸の欠乏を引き起こすタイプの薬もあります。何か薬を服用している方は、事前に医師に相談し、どうやって葉酸を摂っていけばいいのかアドバイスしてもらいましょう。

参考:『胎児の正常な発育に役立つ「葉酸」を摂取できるとうたった健康食品』平成23年 国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20110526_1.pdf

ベビ向け ママ向け 妊活中・妊娠中におすすめの人気葉酸サプリメント特集