赤ちゃんのための葉酸サプリ特集 » 葉酸とは一体どんなもの? » 産後・授乳中にも葉酸が必要なワケ

産後・授乳中にも葉酸が必要なワケ

産後や授乳中に葉酸が必要になる理由や、期待できる効果をお伝えしています。

産後・授乳中に葉酸が必要な理由

一般的に葉酸は、成人女性で1日240μg、妊活中は400μg、妊娠中は480μg、授乳中は340μgほどの摂取が推奨されています。妊活中・妊娠中だけじゃなく、どうして産後にも通常時より多い量の葉酸が必要とされているのでしょうか。

その理由は、赤ちゃんの成長のサポートと、ママの体力回復に葉酸が必要だからです。産後は体調も崩しやすく、母乳が思うように出なくなることで、母乳の栄養価が下がってしまう方も少なくありません。

葉酸を充分に摂ることで、質の良い母乳を赤ちゃんに与えることができ、産後のママの体調不良も、いち早く回復させてくれます。

産後に葉酸を摂ることで得られる効果と働き

質の高い母乳を作る

造血ビタミンとも呼ばれる葉酸は、赤血球をつくる重要な栄養素のひとつ。母乳はママの血液から作られているので、葉酸を摂ることは質の高い母乳を作ることにつながります。母乳の分泌を助けたり、母乳つまりの対策にも効果的です。

子宮をスムーズに回復させる

「細胞分裂」をサポートする働きに優れた葉酸は、出産でダメージを受けた子宮をスムーズに回復。また、葉酸によって母乳がしっかり作られると、赤ちゃんが飲む際の刺激でオキシトシンが多く分泌されて、子宮収縮促進効果が高まるとも言われています。

産後に生じやすい抜け毛を防止

出産直後は、ホルモンバランスが乱れやすく、プロゲステロンの減少によって抜け毛が増える方も多くいます。葉酸は、髪の毛の元となるタンパク質を作る働きも持っていて、充分に摂取することで産後の抜け毛や、髪のパサつき防止にも効果が期待できます。

自律神経を整えて子育ての不安を解消

出産をすると、産後のダメージで今までのように元気に動けなくなったり、子育てへの不安も募って精神的に参ってしまうことも…。葉酸は、足りない血液を作り、体力を回復させてくれるうえ、自律神経を整える働きも持っています。産後のツライ症状にお悩みのママさんは、葉酸サプリを試してみるのも良いかもしれません。

ベビ向け ママ向け 妊活中・妊娠中におすすめの人気葉酸サプリメント特集