赤ちゃんのための葉酸サプリ特集 » 葉酸とは一体どんなもの? » 産後・授乳中にも葉酸が必要なワケ » ママの回復や母乳の出を良くする

ママの回復や母乳の出を良くする

産後も続く葉酸の効果とは

産後に葉酸が不足してしまうと、体にはさまざまな不具合やトラブルが現れるようになってしまいます。産後に起こる代表的な症状などをご紹介します。

葉酸は母乳の質を上げ、ママの回復の手助けに

母乳の質が良くなる

母乳は血液からできている!?

『母乳の原料は血液!』 と言うと、初めて聞く人のほとんどの方は驚かれるのではないでしょうか。真っ赤な血液と真っ白な母乳は見た目からして真逆で、母乳が血からできているなんてすぐには信じられないのが普通です。

女性の乳房の奥深くには「乳房基底部」と呼ばれる太い血管が通っています。この乳房基底部から乳首にかけては「乳腺葉」と呼ばれる「乳腺葉乳腺」の集まった膜で覆われた部分があるのですが、母乳はそこで生成されています。 乳腺葉では、血液の大半を占める赤血球が取り除かれて、アミノ酸から母乳のタンパク質の主な成分となる「カゼイン」が合成されます。それが集まって「カゼインミセル」と呼ばれる小さな塊を作るのですが、母乳が白く見えるのはこのカゼインミセルのせいなのです。

産後の回復には葉酸がおすすめ

長きにわたる妊娠と分娩での体力消耗から、出産を終えた女性の体はさまざまなダメージを受けています。その負荷が最も大きいものの1つが子宮。出産後もしばらくは出血が見られたり痛みが走ったという経験をされている方も多いのではないでしょうか。細胞分裂を促進する働きがある葉酸は、このように妊娠や出産で大きな負荷を与えられた産後の子宮の回復にも一役買ってくれます。葉酸を適度に摂ることで、妊娠や出産でダメージを負った子宮の新陳代謝がスムーズになり回復を進めてくれるのです。

子宮の回復には母乳も関係していることから、両者に良い影響を与える葉酸はまさに救世主です!葉酸をしっかりと体に摂り入れているお母さんからは良質で美味しい母乳が作られます。意外かもしれませんが、実は赤ちゃんはちゃんは母乳の味をよくわかっています。葉酸を摂取することで、より美味しい母乳が作られると、赤ちゃんは好んでいっぱい飲んでくれるようになるのです。こうして授乳によって赤ちゃんが母乳をたくさん吸うと、その刺激で「オキシトシン」と呼ばれるホルモンが大量に分泌されます。オキシトシンは筋肉を収縮させる作用を持っているため、これにより子宮の収縮が促され、産後のスムーズな回復へとつながりるのです。 普段はあまり意識しない体の仕組みも、妊娠や出産を通し、改めてその神秘的な造りに驚かされたり気づかされたりすることがあります。葉酸がもたらす効果など、現在わかっている体へのメカニズムを有効に活用して、体のために良いことをしましょう。

子宮の回復

出産後の子宮の収縮・回復と葉酸について、さらに詳しく説明します。

妊娠中、女性の体は普段とは大きな変化を遂げています。赤ちゃんを育てるために子宮が広がるだけでなく、酸素と栄養を送るため血液の量も増加します。しかし、こうした大きな変化も分娩後には赤ちゃんへ酸素と栄養を送り届ける必要がなくなり、大きく広がった子宮は縮だし、体は妊娠する前の状態に戻ろうとし始めます。

特に子宮は急速に縮んでいこうとするため、「子宮収縮」と呼ばれる出産時と同じメカニズムの症状が現れます。「後陣痛」と言われることもある通り、子宮収縮が起こると陣痛に似た腹痛が起こるのが特徴です。そもそも子宮がこのように急速に妊娠前の状態に戻ろうとするのにはわけがあります。子宮は出産時には妊娠前と比較して5倍の大きになるぐらい広がっています。その体への割合は周囲の臓器を圧迫するほど! 体への負担もあって、そのため子宮はなるべく早くもとの大きさに戻る必要があるのです。 と言っても、出産すれば子宮がすぐに縮まるわけではありません。子宮が縮み始めるのは、出産後のホルモンバランスの変化も関係しています。産後の2~3日目あたりをピークに、子宮は日数をかけ徐々に縮んでいき、これに伴ってお腹もだんだんふくらみが収まって目立たなくなっていきます。 また、子宮収縮には子宮を元通りの大きさにするのと同時に、出産によって負った子宮内部のダメージも回復させていくという大切な目的があります。

しかしこのときに葉酸が足りていないと新陳代謝などの影響もあり、子宮の回復が遅れてしまいます。産褥期(8週間程)を過ぎても体が完全に妊娠前の状態まで回復しないことを昔から「産後の肥立ちが悪い」と呼んできましたが、医療技術が進んでいない時代には葉酸不足であっても自覚がなく、出産後の感染症のリスクも高かったのです。

さらに、子宮の回復には母乳も関係しています。赤ちゃんが母乳をたくさん吸う刺激でホルモンの1種「オキシトシン」が豊富に分泌され、子宮の収縮が促進されることがわかっています。そのため出産後のお母さんは美味しい母乳を出すことが健康への近道です。

「造血ビタミン」の呼び名も併せ持つ葉酸には、母乳の原料となる血液を増加させる働きがあります。葉酸をしっかりと摂取することで子宮の回復が促され、さらに赤ちゃんが好む美味しい母乳の量も増え、子宮収縮が進んで母体は妊娠前の状態にスムーズに戻るという仕組みです。

授乳中の葉酸摂取量は1日あたり340μg

妊娠中の胎児の成長に葉酸が不可欠なことは広く知られており、妊娠前から妊娠中までは、葉酸サプリなどで摂取することが推奨されています。

ただ、葉酸は妊娠中だけに必要な栄養素ではなく、出産後、特に授乳中にも必要な量を摂取することが大切です。

厚生労働省より推奨されている摂取量は、一般的な女性の葉酸摂取量1日あたり240μgに加えて100μg、合計340μg以上となっています。

これは、ふだんの食事からでも十分摂取できる量ですが、妊娠・出産には体力も使いますし栄養不足に陥りがちです。妊娠中に飲んでいた葉酸サプリがあれば、授乳中も引き続き摂取することがおすすめです。

参照:『日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要』 厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf

生まれたばかりの赤ちゃんにも葉酸は必要

胎児にも、こどもや大人にも葉酸の摂取が必要なように、生まれたばかりの赤ちゃんにも葉酸は必要です。葉酸は、成長に必要な細胞分裂を助けるビタミンで、赤ちゃんが健やかに成長するためには不可欠なものです。

厚生労働省が定める「日本人の食事摂取基準」によりますと、生まれてから5ヶ月目までは1日40μg、6~11ヶ月目までは60μgが葉酸の摂取目安量とされています。

赤ちゃんが栄養を摂取するには、母乳やミルクがすべてです。母体に葉酸が不足しないように、授乳中にも積極的に葉酸を摂取するようにしましょう。

授乳中に葉酸サプリを継続摂取するメリット

産後の母乳に含まれる葉酸濃度を計測した検査の結果、妊娠中には葉酸サプリを摂取していても、出産後や授乳中には摂取していない女性の割合が多いことがわかっています。

妊娠中に葉酸を摂取するのは、神経管閉鎖障害児などの先天性奇形の発生リスクを下げることにありますが、授乳中の母乳の質を高めたり出産後の母体を回復させるためにも葉酸が欠かせません。

授乳中に葉酸サプリを摂取しない理由のひとつに、母乳を与えることによる影響を心配する人もいるかもしれません。サプリの摂取目安量を守っていれば過剰摂取になることはありませんし、母乳の葉酸濃度が異常に高くなることもありません。

葉酸サプリには、葉酸だけでなく不足しがちなビタミンやミネラル、カルシウムもバランスよく配合されています。妊娠中や授乳中でも問題なく飲めるように安全性が保たれています。

妊娠・出産によって大きく変動する女性ホルモンのバランスを整えて、産後の抜け毛の改善や体力を補うものでもあります。妊娠中から継続して飲み続けることをおすすめします。

葉酸サプリの比較はこちら

ベビ向け ママ向け 妊活中・妊娠中におすすめの人気葉酸サプリメント特集